翌朝

脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、器官の覚醒などを操作しており、単極性気分障害(大うつ病)の患者ではその動きが弱体化していることが科学的に証明されている。
「あまりにも多忙だ」「面倒くさい様々な付き合いが多すぎる」「あらゆる先端技術や情報の進化に追いつけない」など、ストレスが溜まる主因は一人一人違います。 Continue reading