脳内にあるセロトニン神経は、自律神経を調節したり痛みの鎮圧、器官の覚醒などを操作しており、単極性気分障害(大うつ病)の患者ではその動きが弱体化していることが科学的に証明されている。
「あまりにも多忙だ」「面倒くさい様々な付き合いが多すぎる」「あらゆる先端技術や情報の進化に追いつけない」など、ストレスが溜まる主因は一人一人違います。
スギ花粉症などの緒症状(鼻みず、鼻詰まり、クシャミなど)のために夜しっかり睡眠を取れないと、それが因子になって睡眠不足の状態に陥り、翌朝起きてからの業務の遂行に良くないダメージを及ぼすこともあるのです。
吐血と喀血はいずれも口腔からの出血に変わりはありませんが、喀血は喉から肺をつなぐ気道(呼吸器のひとつ)から血が出ることであり、吐血というのは無腸間膜小腸よりも上にある食道などの消化管から出血する状態を指します。
植物栄養素とも言われるフィトケミカルのジャンルに入るスルフォラファン(sulforaphane)というブロッコリーに含まれている揮発性の物質が、肝臓が分泌している解毒酵素の円滑な創造活動を促進しているのではないかという新たな真実が判明してきました。
塩分と脂肪分の摂取過多をやめて適切な運動に励み、ストレスを蓄積しすぎない生活を続けることが狭心症を起こす動脈硬化を防止するコツだといえます。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-グルタミルトランスペプチダーゼ(γ-GTP)等の数値によって判断することができますが、ここ数年の間に肝臓の機能が落ちている人達が微増しているということが判明しています。
内臓脂肪過多による肥満が確認されて、油脂の摂りすぎなどによる「脂質過多」、塩分の摂取などによる「高血圧」、血糖(sugar in the bloodblood sugar)の中で2個以上に当て嵌まるケースを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と呼びます。
HIVを持つ血液や精液、女性の腟分泌液や母乳等の体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜部分などに触れれば、HIV感染の危険性が高くなります。
脂溶性のV.D.は、Caが体に吸収されるのをサポートすることで知られており、血液中のカルシウム濃度を調節して、筋繊維の機能を微調整したり、骨を生成してくれます。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短く、オゾン層を通る際にその一部が吸収されるものの、地表に達したUV-Bは皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、デオキシリボ核酸)を損壊させたりして、皮膚に良くない影響をもたらしています。
物を食べるという行動は、食物を気軽に口に運んで20回前後咀嚼して飲み下すだけだが、そのあと身体はまことに健気に機能して異物を身体に取り込む努力を続けているのだ。
めまいが起こらず、長く続く耳鳴りと難聴の症状のみを複数回発症するパターンを区分けして「蝸牛(カタツムリ)型メニエール(メニエール氏)病」と呼ぶような事例もよくあります。
なんとなく「ストレス」というのは、「消すべき」「除去しなければいけない」と判断しがちですが、実を言えば、我々人間はこうしたストレスを受けているからこそ、活動することができます。
目と目を合わせることで、患者が猫のことをすごく愛おしいと感じることで「優しさのホルモン」とも呼ばれるオキトキシンが分泌された結果、ストレスを軽減したり癒しに繋がっているといわれています。