耳鼻科で診てもらえる花粉症とは、森のスギやヒノキ、ヨモギなどの様々な植物の花粉が因子となって、くしゃみ・目のかゆみ・喉の痛み・鼻詰まり・鼻水などの多様なアレルギー症状を主訴とする病気として知られています。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)は皮脂の分泌異常により起こる発疹で、分泌が乱れる因子としてアンドロゲンとエストロゲン・ゲスターゲンのアンバランス、V.B.複合体の慢性的な欠乏などが関わっているのです。
冠動脈の異常である狭心症の外科的な治療法としては大体「大動脈バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「大動脈冠動脈(かんどうみゃく)バイパス移植術(CABG)」の両方の治療方法が精力的に利用されています。
普通ならば骨折はしない程度のごく僅かな圧力でも、骨の同じ部位だけに何度も続けてかかってしまうことで、骨折が生じてしまうことがあるので注意が必要です。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失効した後に売られ、まったく同じ成分で経済的な自己負担を少なく抑えられる(価格が少額の)後発医薬品のことで、近年浸透しつつあります。
UV-Bは、UV-Aと比較して波長が短く、大気中に存在しているオゾン層でその一部が吸収されますが、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞の遺伝情報を破壊するなど、肌にとって悪い影響を与えます。
ストレスが蓄積してしまう理屈や、簡単なストレス緩和策など、ストレスに関しての深い知識を保持している方は、そんなに多くはありません。
四六時中ゴロンと横向きになったままTVを視聴していたり、デスクの上で頬杖をついたり、踵の高い靴を履くという習慣的なことは体の左右のバランスを崩してしまう要因になります。
ハーバード医科大学(HMS)の研究によれば、通常のコーヒーと比較して1日2〜3杯のカフェインが90%以上除去されたコーヒーに変えることで、なんと直腸ガンの危険性を約半分も減少させることができたのだ。
食事という行為は、食べ物を気軽に口に入れたら数十回咀嚼して後は飲み込むだけだが、そのあと人体は実に律儀に機能して食物を身体に取り込むよう励んでいる。
体を維持するのに必要なエネルギーとしてすぐに働く糖質、細胞の生まれ変わりに欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこの体を維持するために絶対欠かせない栄養素までも減らしてしまう。
子供の耳管の構造は、大人のそれに比べると幅が広くて短めの形状で、なおかつ水平に近いため、雑菌が進入しやすくなっています。乳幼児が急性中耳炎に罹患しやすいのは、この構造が関係しています。
「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)」とは、体の中の脂肪の溜まっている%を指し、「体脂肪率(percent of body fat、%)=体脂肪の量(キログラム)÷体重(body weight、キロ)×100」というシンプルな計算式で確認できます。
HIV、すなわちエイズウイルスを有する血液や精液の他、腟分泌液、母乳、唾液等の体液が、交渉相手等の傷口や粘膜などに触れた場合、HIV感染の危険性があるのです。
前立腺はその成長や働きにアンドロゲン(男性ホルモン)が密に関係していますが、前立腺に発現した癌も同様に、アンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)に影響されて大きくなります。