シルバー世代の人や慢性的な病気のある人などは、特に肺炎に罹患しやすく完治までに時間がかかる特徴があるため、予め予防する意識や早めの手当が必要です。
亜鉛は、デオキシリボ核酸(DNA)やタンパク質を合成させるために欠かせない色々な酵素や、細胞や組織などの代謝に深く関わっている酵素など、200種類以上存在する酵素を構成する成分として非常に重要なミネラルだといわれています。
胃食道逆流症(GERD)の一つである逆流性食道炎は、4日前後きちんとお薬を飲めば、大抵、多くの患者さんの自覚症状は無くなりますが、イコール食道の粘膜の腫れや炎症が完全に治ったとは断言できないので注意が必要です。
内臓に脂肪が多く付いた肥満があった上で、脂質(lipid)、塩分の過剰摂取などによる「高血圧(こうけつあつ)」、高血糖の中で2項目以上相当するようなケースのことを、メタボリック症候群(内臓脂肪症候群)と呼びます。
なんとなく「ストレス」は、「なくすもの」「除去すべき」と判断しがちですが、本当は、人は日々ストレスを感知するからこそ、活動し続けることができています。
過飲過食、肥満、運動不足、遺伝、心身両面のストレス、老化というような複数の素因が絡むと、インスリンの分泌量が減少したり、機能が低下したりして生活習慣病と言われる方の2型糖尿病を発症するのです。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で乳幼児に多く起こる病気です。強烈な耳痛や38℃台の発熱、鼓膜の炎症、膿が流れる耳漏などが出ます。
ほぼ100%に近い割合で水虫といえば足を思い浮かべ、こと足の裏にみられる皮膚病だという認識が広まっていますが、原因菌である白癬菌が感染する部位は足しかないのではなく、体中どこにでも感染してしまう危険性があります。
緊張型頭痛というものは肩凝り、首筋の凝りから起こる日本人に多い頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような激しい頭痛」「頭が重たいような耐え難い頭痛と言われています。
折り目正しい穏やかな日常生活の維持、満腹になるまで食べないこと、続けられる運動や体操等、アナログともいえる体についての意識がお肌の老化防止にも役立つといえます。
ピリドキサミンには、あのアミノ酸(Amino acid)をトリカルボン酸回路と呼ばれるエネルギー代謝のために欠かせない回路へ取り込むために更にクラッキングするのを促す動きもあります。
クモ膜下出血(SAH)は80%以上が脳動脈りゅうと言われる脳の血管にできた瘤(こぶ)が破裂して脳内出血してしまう事で起こってしまう恐ろしい病気として知られるようになりました。
眩暈がなく、長時間続く耳鳴りと難聴の症状のみを何回も発症するタイプのことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール氏病」と呼ぶようなケースがよくあります。
脂溶性であるビタミンDは、Caが体内に吸収されるのを助長することが特に認知されており、血液の中のカルシウム濃度を調節して、筋肉の機能を調整したり、骨を作ってくれます。
耳鳴りには大きくわけて2種類あり、当事者にしか聞こえないような「自覚的耳鳴り」と、血が流れる音のように当事者に加えて他の人にも性能の良いマイクロホンを利用してみると聞くことができると言われる「他覚的耳鳴り」とがあり、処置の仕方が変わります。